薄毛が治るまでにどれくらいかかる?治療法別での期間と治療費について

tokei

最近、テレビや新聞広告、インターネットの宣伝記事などで薄毛改善という言葉や文字をよく目にします。確かに、日本人の成人男性の3人に1人が薄毛、抜け毛の悩みを抱えているということです。薄毛などの症状はおおよそ30代頃から始まるとされていますが、最近では10代から20代の若年からでも始まっています。原因としては、昔は遺伝や体質などと言われてきましたが、最近では、主に仕事や学校、家庭でのストレスや多様化する社会での生活習慣の不摂生などが挙げられるようになってきました。このような症状は主に病気として捉えられ、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。
AGAは進行性の病気で、治療を怠るとどんどん進行していきます。しかし、現在は治る病気として認識されています。特に都市部には多くできていますので気になるようであれば探されるといいでしょう。→ AGA治療・東京都内でおすすめの病院

髪の毛は一本一本に成長期間があり、成長期、退行期、休止期というサイクルで発毛と脱毛を繰り返しています。この成長期の過程でDHTという男性ホルモンが影響することで、髪の毛が細くなったり、抜けてしまいます。しかし、AGAは毛根が残っている事が多いので、髪の毛が細くなってしまう事が多い反面、AGAを治療することで髪の毛を太くし、薄毛を解消する事ができます。
それではAGAが治るためにはどのような治療が必要なのか、それにはセルフチェックと早期の受診が必要です。セルフチェックの項目としては、ストレスのかかる仕事をしている、喫煙、飲酒の習慣がある、睡眠不足、頭皮のかゆみやフケが多い、刺激の強いシャンプーの使用などが挙げられます。
最近では、AGAに対して有効な薬も出ており、短期間での効果も期待できます。薬は2種類あり、ミノキシジルとプロペシアです。費用は一般病院では8000円から15000円程度、専門病院では15000円から30000円程度必要です。しかし、AGAが治るためには必要な費用だと考えれば、決して高いものではありません。発毛効果は人によって違いますが、おおよそ3か月から6か月程度の期間で効果が現れます。あなたもAGAについて悩みを抱えているなら、ぜひ一度受診してみてはいかがでしょうか。